作曲作品~吹奏楽曲3 

   ●吹奏楽のための ~万葉物語~ [レンタル楽譜]

     

   出版社(Cafuaレコード)ホームページの掲載ページはこちらです。
    → http://www.cafua.com/products/detail1167.html


   ~紹介文より(山口景子書)~

      富山県の高岡市と氷見市をまたぐように、

      「神が宿る神聖な山」と言われる「二上山」があります。

 

      天平18年から5年間、万葉集の編纂に多大な貢献をした

      大伴家持は、越中(現在の富山県)の国守として高岡に滞在しました。

      家持は、越中の豊かで麗しい四季折々の自然、風土、

      人間愛をたくさん歌に詠んでいますが、その中にはもちろん、

      二上山の歌も含まれます。

 

      私自身、高岡で生まれ育ちましたので、かつての越中国である富山県、

      中でも特に高岡、そして二上山には特別な思い入れがあります。

      そこで、家持がこよなく愛した越中の世界観を

      音楽で表現してみたいと思い、この曲を書きました。

 

      冒頭のチャイムは、二上山鐘つき堂の「平和の鐘」の音をイメージしました。

      1969年に建立された鐘で、自由に突くことができる鐘としては国内最大級です。

      鐘の音が響き、その後ピッコロで奏でられるほととぎすの鳴き声に誘われ

      越中国へタイムスリップします。

      越中の世界観を色々想像し、各々の万葉物語を表現していただけたらと思います。